Scrum道 Expo 2012に参加して来ました。

 

一言でいうのであれば、ある種憧れな人が一杯いて興味深かったという感じです。

たくさんの発見があったけれども、そのいくつかを挙げれば、

 

ペアワークは是非導入していきたい。

人のコンテキストで問題をみると、次に進んだらよさそうな方向性が見えるのに、ほとんど同じような問題でも自分のコンテキストで発生すると、その問題をとらえられなくなってしまうことに気が付いた。

自分が考えている方向に進もうとしている人がこんなにいるんだということを実感できた。正確に言えば、多くの人が進もうとしている方向に自分も進もうとしているのかもしれませんが。
とにかく、コミュニティの力を感じた一日でした。