念願だったCertified Scrum Master研修を受講しています。

朝9時から夕方18時までの長丁場と思っていたのですが、驚くほどあっという間に時間が過ぎてしまいました。

 

Agile関連の集まりに顔を出させてもらう時によくあることですが、頭では分かっているつもりになっていることを、改めて目の前に用意されて分かっていなかったことに気付かされる。そんな内容でした。

今日の内容を一言で表すのであれば、

「プロフェッショナルなソフトウェアには勇気が必要」

ということでしょうか。